ルミガンってなぁに?


久々にあった友達のまつげが、自然にフサフサになったのをみたことありませんか?
まつ毛の育毛、ルミガンをご存知ですか?

このルミガン、実は医療品扱いなのです。 ルミガンの主成分は、ビマトプロストという成分で、実はこれ、元は緑内障の治療点眼薬として、研究開発されてました。ルミガンを使用した患者より、まつげが伸びると報告を受けた、ルミガンを開発したアメリカのアラガン社。ルミガンを使用し、まつげが濃くなった、まつげが長くなったことから、このルミガンをまつ毛の育毛剤として、

※FDA(食品医薬品局)へ申請しましたが、ルミガンはすでに緑内障の治療薬として認可されていたので、まつ毛の育毛が目的である、美容の部分では”ルミガン”として申請できなかったのです。そこで、アラガン社、このルミガンの名称をラティースと変更し申請。 まつ毛の育毛剤の誕生となりました。ラティースとルミガンは同一の製品であり、違いはアプリケーターの付属の有無のみなのです。 ルミガンは、医薬品のまつ毛の育毛剤で、安心して使用できるということで、不動の人気を誇っています。

ルミガンのまつ毛の育毛能力はというと、長さが25%、密度が6%、色の濃さが18%と、
約2ヶ月で80%以上の人に効果が現れたという、試験結果が報告されています。

医療品ルミガンのまつ毛の育毛剤としての効果は、まつ毛の美容液とは違った効果を表します。
ルミガンは、世界で初めてのまつ毛の育毛剤なのです。


※日本の厚生労働省にあたる機関

ルミガンってなぁに?